コラム

一重なのに目が大きい! 一重の印象を変えるアイメイク・テクニック

一重の人は、どうしても目が小さく見えてしまいがちです。ですが、中には一重なのになぜか目が大きい、という女性もいます。

実は目の大きさよりも、重要なのはバランス。ただの大きい目よりも、「美しい」と思わせる目元をつくることで、強い印象を残すことができるのです。一重でも目が大きく見える、バランスやアイメイクのテクニックについて解説します。

なぜ一重なのに目が大きく見えるの?

一重なのに目が大きく見えるのは、一体なぜなのでしょうか。

目が大きく見えるかどうかは、実際の目のサイズによるものではありません。眼球がどのくらい見えているかで決まります。

一重の場合、実際の目のサイズに関わらず、まぶたが下がっていることが多く眼球の露出が少なくなっています。そのため、目が小さく見えてしまいがちなのです。

また、黒目と白目の比率や黒目の露出度によっても目を大きく見せることができます。一重でも目が大きく見える人は、眼球や黒目の露出が他の人よりも多く、バランスもいい目元だと言えるでしょう。

目の美しさを左右する「瞳の黄金比率」 

目が大きく美しく見えるのは、目元のバランス。そのバランスには、「黄金比率」があると言われています。

まずは黒目と白目の比率。これは、目頭から「1:2:1」が理想とされています。日本人は黒目が小さくバランスが崩れていることが多いため、最近では黒目を大きく見せるためにカラーが入ったコンタクトレンズも販売されています。

また、顔全体から見た目のバランスも大切です。正面から顔を見たときに、「目の幅:目の間の幅:目と顔の端までの距離=1:1:1」が理想とされています。

これらの黄金比率が揃っていれば、一重でも目が大きく美しく見えるのです。

メイクで一重の目を大きく見せよう 

一重のままで目を大きく見せるには、メイクの際のちょっとしたコツが重要。先ほどの黄金比率に近づけるために、黒目の上あたりにボリュームが出るようメイクをすることで、黒目が強調されて目が大きく見えます。

また、ブラウン系のアイシャドウで目を縦方向に広げることで、一重のままでも目を大きく見せることができます。次のような手順でメイクしましょう。

まつげの上あたりから濃いブラウンのアイシャドウをのせ、上に向かって薄い色でグラデーションにしていく。
濃いブラウンを下まぶたの中央から目尻に入れて、上まぶたのアイシャドウとつなげる。
アイラインを上下にひく。黒目の上下は濃くひいていく。
マスカラで目尻を中心にまつげのボリュームをつける。

一重まぶたの人は、二重まぶた形成化粧品を使ってぱっちり二重メイクを楽しむこともできますし、一重を活かしたメイクも楽しめます。

まとめ

目を美しく見せる黄金比率は、一重でも目を大きく見せるための重要な要素。アイメイクの際には、ぜひこの瞳の黄金比率を意識してみてください。

参考
http://www.motobi.jp/column/11043/
https://woman.mynavi.jp/article/161115-64/

Products / 商品一覧

もっと見る

Support / サポート