コラム

今トレンド顔の一重美人。その共通点とは?

人間のまぶたは大きく分類すると一重と二重の2種類があり、日本人は一重が多い傾向にあると言われています。一重は「目つきが悪い」「眠そう」といったマイナスイメージを持たれてしまうこともあるので、コンプレックスに感じている人は多いかもしれません。

しかし、中には一重美人と言われるきれいな人はたくさんいます!

「一重=可愛くない」は間違い

そもそも、なぜ世の多くの女性は一重よりも二重にあこがれるのでしょうか? それはおそらく、二重の方が「目が大きく見える」「可愛い」「女の子らしい」という印象を与えるからではないでしょうか。

これは個人の好みの問題であり、一重の女性を「クール」「和風」「凛としている」などの理由で、より美しいと感じる人がいるのも事実です。

一重の美人条件(1)クールビューティー

一重、もしくはくっきり二重ではないからこそ、独特の美しさを発揮している女性芸能人もいます。

例えば、モデルのりょうさんや女優の黒木メイサさんなどです。彼女たちのクールで切れ長な目にはインパクトと目力があり、さらに大人の女性の魅力を感じさせます。もし一重まぶたをもっと美しく見せたいというのであれば、メイクで切れ長な目を目指してみましょう。

まずは、目尻側と目頭側にそれぞれ「くの字形」にアイラインを引きます。同じく上まぶたにも細く長めに引きます。このとき目尻側を少し上に跳ねるように長めに引くのがポイントです。

そして、目頭側にも実際の位置より長めに「切開ライン」を引きましょう。さらに、目尻側につけまつげをつけて目尻にボリュームを出します。

一重の美人条件(2)韓国風美人

日本だけでなく、韓国にも一重まぶたの美人芸能人がたくさんいます。例えば、女性4人グループBrown Eyed Girlsのソン・ガインさんや、5人組ガールズグループWonder Girlsの元メンバー、アン・ソヒさんなどです。

彼女たちの顔の特徴は、すっきりとしたフェイスラインとすっと伸びた鼻筋です。全体的に顔立ちがシャープで整っているので、いっそう一重の美しさが際立って見えます。

彼女たちのような一重美人を目指すなら、シャープな骨格を意識したメイクに挑戦してみてはいかがでしょう。ノーズシャドウを入れて鼻を高く見せたり、顔の外側にだけワントーンで暗めのファンデーションをのせてすっきりとしたフェイスラインにしたりするのもおすすめです。

一重の個性を楽しみましょう

「一重=可愛くない」ということは決してありません! 一重美人になるコツは、一重ならではの魅力を上手に生かすことです。切れ長の目を演出したり、シャープな雰囲気を意識したりして、一重の個性を楽しみましょう。

Products / 商品一覧

もっと見る

Support / サポート