コラム

簡単にやさしい目元になる、一重のたれ目メイクのポイントは?

日本人に多いといわれる一重。「一重のせいで二重よりもきつい印象に見える!」などの理由から、一重にコンプレックスを感じている人もいるかもしれません。そんな人は一重をもっとやさしい印象に見せてくれる、たれ目メイクに挑戦してみましょう。

一重まぶたの印象を和らげるたれ目メイク

つり目や平行な目よりも、たれ目の方がやさしい印象が強いですよね。芸能人でもたれ目の女性は「癒し系」と呼ばれ、男性からも女性からも高い好感度をもたれているようです。

代表的な芸能人としては綾瀬はるかさんや石原さとみさんのような旬の女優さんも多く、たれ目はトレンド顔ともいえるかもしれません。一重をメイクで二重にすることは難しいですが、やさしいたれ目風に演出することは可能です!

下まぶたの目尻を強調してたれ目風に

たれ目風の最初のステップはアイシャドウです。アイホール全体に明るいピンクやベージュ、淡いブラウンなどやさしいカラーのアイシャドウを塗ります。

次にブラウンのアイシャドウをのせましょう。そのとき、目尻に向けて徐々に濃くなるように、塗る量を調整してグラデーションにしていきます。

最後に濃い色のアイシャドウを目のキワに塗ります。目尻側は実際の目の幅よりも数ミリ長く下向きに入れるのがポイントです。

次は下まぶたです。アイホール全体に塗った明るいアイシャドウを下まぶたの中央から目尻側にのせ、ナチュラルでやさしい感じを演出します。

そして、ブラウンのアイシャドウを下まぶたの中央から目尻側のまつげの生え際にのせます。目尻側までのせたら上まぶたのシャドウとつなげましょう。

アイラインは目尻側を下げて描く

アイシャドウをのせたら、リキッドアイライナーで上まぶたにアイラインを入れます。ポイントは、たれ目に見えるように目尻側のラインを太めに、下におろすように引くことです。黒ではなくブラウンのアイライナーを使用すると、ふんわりとやさしい雰囲気を演出できます。

まつげでたれ目メイクをさらに強調!

上まぶたの目尻側にだけつけまつげをつけると、よりたれ目風に見せることができます。全体的につけまつげをつけたい場合は、目尻に向かって徐々に長くなるタイプのものをセレクトしましょう。

まつげエクステンションでたれ目風にしたいなら、目尻側によりボリュームを出すように多めにつけるのがおすすめです。

一重まぶたがいつもよりやわらかい印象に

目尻側を意識したメイクをすること、そして色選びに気を付けて自然な雰囲気を演出することが、やさしいたれ目メイクに仕上げるコツです。

このポイントを押さえるだけで、あなたの一重まぶたがいつもよりやわらかい印象になります。一重まぶたのみなさんは、ぜひ実践してみてくださいね。


参考
http://www.takasu.co.jp/mobile/topics/column/beauty/53.html 
https://www.cosme.net/biche/articles/EAoXV?page=2

Products / 商品一覧

もっと見る

Support / サポート