コラム

すぐになんとかしたい! 目の下のくまを消す方法はコレ

目の下にくまがあると、それだけで第一印象が悪くなってしまいますよね。「今すぐ気になるくまを何とかしたい!」というときには、メイクやホットタオルでカバーするなどの方法があります。くま予防のために日常的にできるケアもありますので、ぜひ覚えておきましょう!

即効でくまを消したいならメイクでカバー! 

即効でくまをカバーしたいときには、やはりメイクが心強い味方です。
一言で「くま」と言っても実は種類が異なり、種類によってカバー方法も違ってきます。

自分の目の下にあるくまが青っぽいと感じる場合は、血行不良が原因の「青くま」である可能性があります。黒っぽいくまがよくできていると感じる人は、目の下のくぼみが原因の「黒くま」かもしれません。くぼんでいる部分が影になって、黒く見えてしまうのです。茶色いくまに悩んでいる人は、色素沈着が原因の「茶くま」であることが多いようです。

青いくまをカバーするなら、オレンジ系のコンシーラーを使用するのがおすすめです。寒色の青い色をカバーできるような、温かい色味が有効なのです。逆にホワイトやパール系のコンシーラーはくまを目立たせてしまう可能性があるので注意しましょう。

黒くまがをカバーするなら、くぼんで陰になっている部分をふっくらと見せられるようなパール感のあるコンシーラー。茶色いくまをカバーするなら、イエロー系のコンシーラーがおすすめです。

ただし、くまを隠そうとコンシーラーやファンデーションを厚塗りしてしまうと、メイク崩れの原因になります。

コンシーラーやファンデーションだけでカバーできない場合は、化粧下地をうまく活用するのも良いでしょう。ブルー系ではなく、イエローやピンクなど温かいカラーの下地をセレクトしましょう。

メイクのほかにもできるセルフケアは? 

くまが気になるときは、メイクをする前にホットタオルなどで目の周りを温めてみましょう。温めることによって血行が良くなると、青いくまが目立たなくなる可能性があります。

また、簡単にできるセルフケアとして、ツボ押しやリンパマッサージもおすすめです。

鼻の根元と目頭の間のくぼみにある「睛明(せいめい)」と呼ばれるツボは、眼精疲労に効果があると言われています。目尻の少しだけ外側にある骨の際のわずかなくぼみにある「瞳子膠(どうしりょう)」と呼ばれるツボも、眼精疲労に有効だそうです。目の疲れを緩和すれば、目の下のくまも目立たなくなるかもしれません。

リンパの流れが滞ると老廃物がたまったりむくみが出たりして、目の下のくまも目立ちやすくなります。耳の後ろの骨の部分にあるリンパ節をゆっくりと押して、リンパの流れを改善しましょう。そして、仕事中は目に疲れがたまらないように、長時間パソコンを使用する場合は間に休憩を設けて適宜目を休めるようにしましょう!

目の下のくま予防のために、普段からできることは? 

目の下の皮膚がたるんでいると、たるんでいる部分が影になってくまが目立ってしまいますので、目の下のくまを予防するためにもハリのある肌を維持することが大切です。

肌のハリを維持するには、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分を配合した化粧品でケアすることはもちろんですが、バランスの良い食生活を心がけることも重要です。健康的でハリのある肌を作るにはタンパク質も必要なので、ダイエット中だからといってお肉を極端に減らすなどはしないようにしましょう。

また、メラニンの増加を防ぐためにも、紫外線を浴びたらメラニンの生成を抑えることができるビタミンCを豊富に含むフルーツや野菜を積極的に摂取しましょう。

まとめ

即効ケアの方法を知っておくと、いざというときにとても助かります。もちろん、くまができにくくなるように普段の生活で気を配ることも大切です。

Products / 商品一覧

もっと見る

Support / サポート