コラム

肌だけじゃない! 紫外線が目に及ぼす影響&おすすめUVケア

日差しが強くなってくると気になるのが「日焼け」。お肌を完璧にUVケアしても、目に紫外線が入るとシミやそばかすができるかもしれないことをご存知でしたか? この記事では、紫外線が目に与える影響と、有効なケア方法についてご紹介します。

目に紫外線が入ると肌も日焼けする!?

紫外線は、お肌だけでなく目にとっても大敵。目が長時間紫外線を浴び続けると、瞼裂斑(けんれつはん)翼状片(よくじょうへん)白内障などの病気を発症しやすくなるといわれています。

また、お肌をUVケアしていても目に紫外線が当たると、肌が黒くなるという報告も。目に入った紫外線に反応した脳が「メラニンを作れ」という指令を出し、肌に紫外線が当たらなくてもシミやそばかすで黒くなる可能性があるので注意しましょう。

帽子やUVカット機能付きサングラスで紫外線をカット

肌への紫外線対策を、日焼け止めで行っている人は多いと思います。しかし、目への紫外線対策はどうでしょうか。目に入る紫外線を防ぐには、つばの広い帽子をかぶったり、UVカット機能付きのサングラスの着用がおすすめ。

サングラスを選ぶときは、UVカット機能だけでなく形状にも注意しましょう。一般的な形状のサングラスでは、正面からの紫外線は防げても横からの紫外線は防ぐことができません。

できるだけ顔との隙間が少ないものを選ぶのがコツ。気に入ったデザインのサングラスが見つからない場合は、UVカット機能付きのコンタクトレンズを検討してみるのも良いでしょう。

また、忘れがちなのが冬の紫外線ケア。アスファルトは紫外線を10%程度しか反射しないのですが、雪は実に90%もの紫外線を反射します。

3月の白峰のスキー場で目に浴びる紫外線の量は、夏の沖縄のビーチの2.5倍にもなるという報告もあります。地球環境の変化により、年々増加傾向にあるといわれている紫外線量。紫外線ケアは夏だけでは不十分。1年中しっかりケアすることをおすすめします。

体の内側からもUVケア! 目や肌を守る食べ物は何?

体の外側からだけでなく、内側からもUVケアをして紫外線の影響を最小限にとどめましょう。

自然界に5000種以上も存在するポリフェノール。その中でも、紫外線からお肌を守る働きがあるのは、赤ワインやぶどう、ピーナッツの果皮に含まれる「レスベラトロール」と、ざくろ、いちご、ナッツ類に含まれる「エラグ酸」です。肌の炎症を抑えたり、シミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれます。

また、ビルベリー、ブルーベリー、カシス、ナスの皮、紫芋などに含まれるポリフェノール「アントシアニン」は、紫外線から目を守り眼精疲労を抑制する働きがあるとされています。

視力を正常に保つ働きがあるとされる「ルテイン」や「β-カロテン」は、緑黄色野菜を積極的に食べると摂取できます。

まとめ

紫外線は肌はもちろん目にも大敵。シミやそばかすだけでなく、さまざまな目の病気の原因にもなります。特に紫外線量の多い季節は、しっかりUVケアをして外出するようにしましょう。

Support / サポート