コラム

気になる顔のたるみやほうれい線に! 手軽にできるリフトアップ法

ふと鏡で顔を見たときに、「これってもしかして、たるみやほうれい線?」と気づいて愕然としたことはありませんか。できてしまったものは仕方がないなんてあきらめずに、早めの対策をとりたいもの。

今日からすぐに、しかも簡単に短時間でどこでもできる、顔のリフトアップエクササイズをご紹介します。

顔にたるみやほうれい線ができる原因は?

そもそも、顔のたるみやほうれい線はなぜできてしまうのでしょうか? そこには3つの原因が潜んでいました。

1.肌の弾力の低下
真皮内で、バネのような構造で肌のハリを支えるコラーゲン(タンパク質で、肌のハリを保つ)やエラスチン(ゴムのように伸縮し、肌に弾力を与える)の質が変化して、肌の弾力が失われます。
2.皮下脂肪の肥大化
年齢を重ねることによる代謝機能の衰えで皮下脂肪が肥大化し、重力の影響により下方向へ落ちてきます。
3.筋肉の質の低下
加齢とともに顔の筋肉も衰えていき、その上にある皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。

なるほど、肌の弾力や顔の筋力の衰えが原因なのですね。だったらこれから紹介するリフトアップエクササイズで肌の弾力を取り戻して、たるみやほうれい線とおさらばしましょう!

いつでもできるセルフリフトアップ「9選」

お家やオフィスなどで、気づいたときにちょっとリフトアップマッサージ。いつでもどこでも手軽にできる簡単なセルフリフトアップの方法をご紹介します。

①手のひらの下の部分で、額を大きく円を描くように5回ほどマッサージ。

②鼻筋を人差し指と中指で上下に5回ほどマッサージ。マッサージをすることで、鼻筋が通るそうです。

③小鼻を両手の人差し指で挟んで、軽く10回ほどクルクルとマッサージ。小鼻はマッサージすることで小さくなる効果があります。

④乾燥しやすい鼻の下は、人差し指・中指・薬指の3本で、片方ずつ頬に向かって5回ずつマッサージ。

⑤中指と薬指で目じりを上に引き上げる(つり目にする感じ)マッサージ。これは5回ほど。

⑥手のひら全体で頬からこめかみに向かって引き上げるようにマッサージ。引き上げた状態で5秒間ほど停止。これを5回ほど繰り返す。

⑦口角を少し持ち上げるように、中指と薬指で下から上に向かって5回ほどマッサージ。

⑧あごを両手の親指と人差し指で挟むように、骨をマッサージするイメージで少し強めに耳下までギュッギュッと手を動かしていく。これを5回ほど。

⑨親指で首筋を通り鎖骨までリンパを流すイメージでスーッとマッサージ。これは5回ほど。

クリームやオイルを塗って行うほうが肌への負担は少ないですが、強くこすりすぎなければ大丈夫。すべて行ってもいいし、気になる部分を中心にいくつか行うだけでも効果があります。今日からぜひ実行してみてほしいと思います。

グッズを使ってさらに効果的なエクササイズを

顔のリフトアップをうたっているグッズはさまざまな種類があり、比較的安価で、ドラッグストアやインターネットでも手軽に購入できます。

リフトアップグッズは大きく分けると、以下にあるような顔の外側から刺激を与えることで顔全体をリフトアップするものと、口の中などにはめることで顔の筋肉を鍛えてリフトアップをするもの、の2タイプです。

〈外側からの刺激〉
・クリームやジェル
ゲルマニウムなどの引き締め効果のある成分が入っているので、リフトアップのマッサージ効果がグンとアップします。
・美顔ローラー
フェイスラインに沿って使用することで、たるみやほうれい線だけでなく、小顔効果も抜群。
・フェイスマスクやリフトアップバンド
ただ装着しておくだけで、リフトアップ効果が狙えます。入浴中や就寝中に装着するものもあります。

〈口の中などにはめるもの〉
・スイング運動系
口にくわえ、ウエイトの付いた左右のバーをゆらゆらと揺らして使います。1回につき30秒を1日2回、顔の筋肉への負担が大きいので、これだけで十分効果が出るそうです。
・口の開閉運動
口にくわえて、負荷をかけながら口を閉じたり開いたりする器具。唇の周りにある筋肉や表情筋が鍛えられ、リフトアップ効果につながるそうです。

まとめ

いかがでしたか。1日5分マッサージをしてもよし、器具やクリームなどに頼ってもよし、顔のリフトアップは自分で簡単にできる方法が意外と多いのです。

しかも、続けていればたるみやほうれい線が消えるだけでなく、小顔効果も期待できるようです。今すぐ普段の生活の中にリフトアップエクササイズを取り入れてみてください。

Support / サポート