コラム

30代以降に一気に加速! 目のクマやたるみの対策法とは?

30代以降になると気になってくる目の下のクマやたるみ。メイクだけではカバーしきれず悩んでいる女性も多いはずです。目の下クマやたるみは、どのような方法でケアできるのでしょうか?

目の下のクマやたるみは「老けて見える」原因に

目の下にクマやたるみがあると、第一印象がぐっとネガティブなものになってしまうことがあります。ときには実年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えたりしまうことも。服装やメイクを華やかにしていても、目の下のクマやたるみがひどければ台無しになってしまいます。

目の下のたるみの原因は加齢による肌の弾力低下

目の下のたるみの主な原因は、加齢による肌の弾力の低下です。
加齢によって肌の弾力維持に必要なコラーゲン量が少なくなると、肌がたるみやすくなります。

また、水分を維持するのに必要なヒアルロン酸の不足なども、肌の弾力低下に影響し、目の下のたるみにつながります。

目の下にある脂肪「眼窩脂肪(がんかしぼう)」が、たるみの原因になることもあります。眼窩脂肪は加齢とともに前方に飛び出すようにふくらんできます。これによって、目の下のたるみが発生することがあるのです。

目の下のクマの原因は血行不良や色素沈着など

目の下のクマにはさまざまな原因があります。

一つは血行不良です。もともと目の下は皮膚が薄く、とてもデリケートな個所です。PCやスマートフォンを長時間使用するなど目を酷使してしまうと、目の周辺の筋肉に疲労が蓄積し、血行不良が起こることがあります。

また、全身の冷えによる血行不良も目の下のクマの原因になります。目の下の皮膚にメラニン色素が沈着することで、クマが目立ってしまうケースもあります。アイメイクをしっかり落とさなかったり、紫外線を浴び続けたりすることで皮膚に色素が沈着してしまうのです。

目の下のたるみは顔面エクササイズで改善

目の下のたるみをケアするために、簡単にできるエクササイズをマスターしましょう。

1. まずは口を「お」の形にして開き、鼻の下を伸ばします。
2. そのまま目線を上げて、目と鼻の下を使って顔全体を上下に引っ張ります。このとき、目の下がしっかり伸びている状態を心がけましょう。
3. そのまま下まぶただけをゆっくり5回ほど持ち上げます。
4. 1~3を10秒ほどかけてゆっくり繰り返します。

目の下のクマにはマッサージと睡眠!

寝不足や長時間のPC使用などで目を酷使すると、目が疲弊して血行不良へとつながります。目の下のクマが気になる方は、まずは十分に睡眠をとって目を休ませてあげましょう。

血行促進のために、アイクリームなどを塗ってやさしくマッサージするのも◎。ただし目の周辺の皮膚はデリケートなので、なでるように丁寧に扱いましょう。

目の下のクマやたるみをケアしてアンチエイジング

目の下のクマやたるみをすっきりさせることができれば、ぐっと若く見えるようになるはずです。普段の生活の中で、目の下のクマやたるみをケアできるように心がけてみましょう。


参考
https://www.bibeaute.com/article/30675
https://www.biyougeka.com/column/around_eyes/undereye_circle/
http://www.theory-clinic.com/lowereyelid/lowereyelid01.html

Support / サポート